レポート

会員のページ

理事長ブログ:No.10「求人・求職状況を考える」

宮城労働局のメルマガに登録しているので、毎週のように、労働に関する新しい情報が提供 される。会員の皆様も読まれている方もおられると思うが、最近の県内の求人状況がどうな っているか少し気になって調べてみたので、紹介させて戴く。
何れも6月時点のものだが、有効求人倍率は、昨年同期が、1.66倍であったが、令和2 年は1.21倍、正社員だけでは、昨年の1.06倍が、今年は0.88倍となっている。 求職者の方は、昨年の36,951人が、今年は34,324人と、求人/求職ともに減少 している。
気になるのは、高卒者の就職状況である。平成31年度、令和元年度共それぞれの3月末で 県内/県外就職者は、ほぼ100%に近い内定率の結果だった。だが、本年6月時点での、 求人数は、7,147人と、昨年同月の24%の減少という数字である。企業が、新型コロ ナウイルスの関係で様子見なのか、実際の活動がスタートする時点まで、この数字がどうな るか、一抹の不安もある。
いずれにしても、企業としては、昨年よりは幾分採用しやすい環境にあると思うので、長期 的な人事戦略の中で、採用に関する方向付けを考える時期ではないか。求人活動も、今年は Webを活用した方法もでつつあるので、その備えも必要な昨今である。

2020/08/17

←一覧に戻る

↑ページ上部へ