レポート

会員のページ

理事長ブログ:No.102「パワハラ防止法どう変わる(6)」

前回と一部重複する部分もあるが、パワハラ防止の具体的な対策方法に関して纏めてみる。(1)パワハラの定義を確認する。
(2)国の指針を理解する(この部分に関しては次回に整理します)。
(3)人事労務担当が担う役割を纏め、そして実践する。
 _饉卻針の周知・啓発
   ⊇抄醗の研修
   A蠱盟觚設置
   と生時の対応
(4)パワハラ対応にひそむリスクを理解する。
   〜蠱未靴討い襪海箸、社内の人にバレる
   ⊂霾鷦茲螳靴い妊潺垢生じる
   H鏗下圈行為者から訴えられる
   ぅ僖錺魯藺从が不十分として、社会的評価が低下する
(5)要点(以下に示す)を抑え、効率的に効果の有る対応を工夫して進める。
   )[畚綣
   ▲螢好回避
   6般海慮率化
   い茲蠕鑪的に時間と労力を投資する
(6)パワハラ対策を効率的に進める方法例。
   \瀉屬靴唇儖会で基本方針を決定し、議事録に掲載し社内で公開する
   ∋唆畔欸鬟好織奪嫖の適任者に、研修や意識啓発を依頼する
   従業員の安心感向上にも寄与する、パワハラ相談窓口を外部に設ける
   ぜ卞皀轡好謄爐鮖唆畔欸鬟好織奪佞龍力を仰ぎながら作成し、未然防止を第一義的    に工夫する
本テーマは、次回に続きます。

2022/04/14

←一覧に戻る

↑ページ上部へ