レポート

会員のページ

理事長ブログ:No.37「事業運営での私自身の『つぶやき』(3)」

企業相談対応を続ける中で、私自身も聖人君子ではないし、凡人の一人なので、時には口に は出さないまでも、「うらみ節」めいた思いが、心によぎることもある。「もう少し何とか ならないのかナ!」の愚痴のような「つぶやき」の幾つかを、今回は恥を忍んで列挙する。
「先ずは何とかして欲しい!」
(1)助言には、耳を傾けることは出来るが、行動変容に結びつかない。
(2)役員借入も増え、それでも資金は底をつく。
(3)補助金頼みで、研究開発を継続するが、事業化の目途がつかない。
(4)子弟らは、親の事業にソッポを向き、事業承継の意志もなし。
(5)「唯我独尊」競合知らず、市場/情報収集にも未着手
(6)文明の利器にソッポで、IT音痴(食わず嫌い)。
(7)ぬるま湯は、社員、幹部、時にはトップまで。
(8)裸の王様(社長)、幹部は面従腹背で奈落に落ちそう。
(9)改善/改革に向けた、専門家の折角の指摘も、一日過ぎれば元の木阿弥。
(10)バラ色計画に、金融機関は、どこもかしこソッポ向く。
上記のような状況下での、ブレーキとアクセスの踏み方に苦労しながら、機構の仕事も12 年も過ぎました。

2021/01/29

←一覧に戻る

↑ページ上部へ