レポート

会員のページ

理事長ブログ:No.41「13日の、震度6強の地震のお見舞い」

最大震度6強を記録した、13日夜11時過ぎの地震被害に遭われた会員企業の皆様に、心 からお見舞い申し上げます。当時私もパソコンに向かい、脇に置いたコーヒカップから中身 がこぼれだし、書類を濡らしてしまったり、サイドボードや書棚からモノが飛び出すのを、 なす術もなく、揺れが収まるまで身をちじめておりました。
地域によって、被害の程度は大小が有りますが、私の知る限りでは、今回は仙北より仙南の 方が、被害は大きかったのではと思います。加えて、自宅内の被害の状況から、揺れの方向 によって、差異がありました。
今回の地震は、震源地が50kmと深かったことと、陸に近かったためか、津波の被害を免 れましたが。3.11東日本大震災の記憶がよみがえり、一瞬恐怖を覚えました。
政府は、グループ化補助金の適用を支援策として決定し、復興相も、復興交付金を追加配分 すると、表明しておりますので、地元の自治体と相談されて、活用出来るものは使って欲し いと思います。
皆様もそうだと思いますが、地震直後3.11東日本大震災の記憶がよみがえった方も多い と思います。マスコミも、10年を迎えることを前にして、各種の関連報道をされています が、「もう10年」「未だ10年」の思いは様々だと思います。ただ、企業にとっては、 「思い出」としてしまうのではなく、「記憶」として、BCP的視点から災害への備えを、 今一度点検することが必要かと思います。
そういう自分自身が、書架から飛び出した書籍の山を前にして、反省しきりなのですが。

2021/02/27

←一覧に戻る

↑ページ上部へ