レポート

会員のページ

理事長ブログ:No.50「藻谷浩介氏に学ぶ(7)」

新聞でもテレビでも、毎日のように新型コロナウィルス関連の情報が流れ、何時になったら通常の生活に 戻れるのか、報道だけでは心もとない。藻谷講師は、「ワクチンが出来ても『ウィルス根絶』は不可能。 大事なのは免疫獲得・維持。つまり一定の感染発生を当たり前として対応出来る社会の体制作りが必要」 と言い切る。さらに、「死者数水準が欧米の数十分の一なのに、『医療崩壊』になるシステムにこそ問題 がある」と言われる。

講師のお話しの紹介は、以上で終了するが、最近のテレビニュースでの、 イスラエルの興味深い話を、此処で共有化したい。日本の東京都の人口にも満たない国家だが、ワクチン 接種に関していち早く手を打ち、既に国民の62.1%が接種を終えた。そのため国は、マスク無しでの外出 を許可し、飲食業なども通常の営業に戻ったとの報道であった。この時点で日本の接種率は1.3%であった。
ワクチン接種者も合わせた集団感染がどのくらいになったら、日常生活に戻れるのか。50%との説も 75%との説もあるが、日本の国内の感染者数56万人とワクチン接種率1%強の実情では、政府の目標として いる期日までに、日本国は通常の生活に戻れることは難しいのではと、個人的には考えざるを得ない。
黄金週間、確かに人の移動は少ないようだが、前回の非常事態宣言の時より、増えているようだとの 情報も気掛かりである。私自身の黄金週間は、晴耕雨読で決まりです。

2021/05/01

←一覧に戻る

↑ページ上部へ