レポート

会員のページ

理事長ブログ:No.59「みやぎ優れモノ発信事業(2)」

「みやぎ優れMONO(モノ)」の第14回募集が本日7月1日からスタートします。募集 期間は、8月6日迄です。詳しくは、(一社)みやぎ工業会のホームペイジをご覧ください。
前回のブログに引き続きますが、昨年の第13回までで、68件が認定されています。中に は、1社で4件も認定を受けた強者企業もおられます。本NPOでも社長にご講話をお願い したことがある、富谷市にあるプラモール精工様です。同社は、この認定された自社開発/ 製造製品で会社の変革も成し遂げました。
68件の採択ですが、仙台市を境に北と南分ければ、採択企業は北高南低の傾向で、個人的 には、仙南の企業でもう少し頑張って欲しい思いが有ります。角田市、柴田町、亘理町、大 河原町、蔵王町、丸森町が空白地です。そんな中、NPO会員企業の中では、白石市のヴィ・ クルー様、山元町の、岩機ダイカスト様とアークテック様の製品が認定されております。
この「みやぎ優れモノ発信事業」は、エントリーするだけでも、自社の商品を客観的に評価 してみる「セルフアセスメントシール」も有りますので、自社商品のブラッシュアップにも 繋がると思います。条件としては、原則として発売開始して1年以上経過し、5年を経過し ないとの縛りは有りますが、認定されてもされなくとも、本事業の各種支援メニューの活用 が可能になりますので、是非多くの企業が先ずは腕試しをして欲しいと思います。

2021/07/01

←一覧に戻る

↑ページ上部へ