レポート

会員のページ

理事長ブログ:No.63「ミレニアル世代と、Z世代(1)」

ミレニアル世代という言葉は、新製品開発やマーケティングそして、社員採用時に考慮すべ き世代として、特に21世紀を迎えた以降よく話題になった。ただ最近はそれに加えて、新 たに、Z世代が話題になるようになった。この世代に関して2回に分けて書いてみたい。
先ず、ミレニアル世代とは、1980年から1995年の間に生まれた世代で、2000年 以降成人を迎えた方々で、現在26歳から41歳の方々をさす。いわゆるインターネット環 境が整備された時代の申し子たちである。
この世代の特徴は、デジタルに関するテクノロジーが完成した時代に生まれ、デジタルネイ ティブであり、スマホ、SNSをあたり前のように親しみ、デジタルの恩恵を子供の頃から 享受してきた世代である。もし皆さんの会社にこの年代の社員がおられたら、育ってきた生 活環境を活かした仕事に着かれているかどうかも、確認して欲しい。
英語のスペルで世代を定義するのは、米国で生まれた言葉で、
1960年から1974年生まれをX世代、1975年から1990年生まれをY世代、と 定義した流れから、1990年第後半の1996年から2015年生まれの世代をZ世代と 呼んでいる。
現在、6歳から25歳の方々を指す。この世代の特徴を私の調べた範囲で、次回のブログに 載せたい。因みに、ミレニアル世代は、Y世代に相当する。

2021/08/01

←一覧に戻る

↑ページ上部へ