レポート

会員のページ

理事長ブログ:No.65「中小企業白書を紐解く(1)」

中小企業庁:2021年版「中小企業白書」が政府刊行物として7月6日に販売開始され、マスコミ紙にも取り上げられたので、読まれた方もおられると思う。これは4月23日に閣議決定されたもので、新型コロナウィルス禍での、中小企業・小規模企業の大企業に比較しての厳しさと努力・奮闘の実情を纏めたもので、今後の対応策のヒントになる記述も多い。
既に目を通された方も少なくないと思うが、私も早速所轄機関のホームペイジにアクセスして、内容の理解を深めた。これからの方もおられると思うので、ご興味を誘うために、それぞれの章のタイトルと総括の部分をこのブログで紹介させて戴く。

2021年度版中小企業白書の概要
第一部 令和2年度(2020年度)の中小企業の動向
★中小企業・小規模事業者の動向
新型コロナウィルス感染症が中小企業・小規模事業者に与えた影響について分析するとと もに、雇用の動向や企業間取引の状況などを示す。
★中小企業・小規模事業者の実態
 我が国の企業数の99.7%を占める中小企業・小規模事業者の多様性を示すとともに、 主要な論点である労働生産性や開廃業の動向を示す。
★中小企業・小規模事業者政策の方向性
中小企業・小規模事業者の多様性を踏まえ、目指す役割や機能によって四つの類型に分類 し、それぞれの特徴に合わせた支援策の方向性などを示す。
第二部 危機を乗り越える力
★中小企業の財務基盤と感染症の影響を踏まえた経営戦略
 中小企業の財務基盤や収益構造の変遷や特徴について分析し、それらは業種によって異な ることや、財務面に対する意識との間に関係性があることなどを示す。また、感染症の影 響を小さく抑えられた企業や、感染症流行下でも回復を遂げられている企業の特徴を分析 し、事業規模の変化に合わせて、柔軟に経営戦略の見直しに取り組む重要性が増している ことなどを示す。
★事業継続力と競争力を高めるデジタル化
 感染症流行により中小企業のデジタル化に対する意識が高まったことや、事業継続力の強 化の観点からデジタル化に取り組む企業が一定数存在することなどを示す。また、中小企 業におけるデジタル化の課題を分析し、デジタル化に積極的な組織文化の醸成や経営者の 関与、全社的な推進体制の構築、業務プロセスの見直しに取り組む重要性などを示す。
★事業承継を通じた企業の成長・発展とM&Aによる経営資源の有効活用
 経営者の高齢化などを背景に休廃業・解散が近年増加傾向にあること、業承承継により後 継者が新たな取り組みにチャレンジすることで企業のパフォーマンスが向上することなど を示す。また、近年では事業承継策や成長戦略の一つとしてM&Aのイメージが向上して おり、中小企業の課題やニーズに沿ったM&A支援の重要性が増していることなどを示  す。

次回のブログでもう少し内容に踏み込んで、紹介させて戴く。

2021/08/14

←一覧に戻る

↑ページ上部へ