レポート

会員のページ

理事長ブログ:No.78「仙南地域産業経済セミナー」に参加して(5)

参加報告が一時中断したが、セミナーの導入事例の発表に戻る。発表してくれたのは白石市 の(有)竹鶏ファームの志村竜生代表取締役。曾祖父が起こした志村養鶏所を、祖父、父と 繋いで四代目の若い社長さんである。本題と逸れるが、パワポで作成したプレゼン資料は、 写真なども多用し,楽しめる良くできた内容だったが、社長は、サイボウズが主催する「ki ntone AWARD」の成果発表大会にもエントリーされたようだ。
実はその切っ掛けも縁あって「kintone AWARD 2016グランプリ」を取られた会社社長 の事例発表をお聞きしたから。その当時の自社の状況は、自分が社長を引き受け、順風満帆 で右肩上がりで会社は成長してきたが、そこに経営者として油断がったのか、幾つかの不祥 事や、経営課題が顕在化し、悩みと疲弊の中で出会ったセミナーだったらしい。
そこでkintoneの導入を決め、セミナーで発表したような会社にしたい、経営者になりたい の思いで取り組みを始めた。ただ必ずしも導入当初は理解不足もあり、社員も仕事優先で思 いどうりいかなかったようだ。そんな時、ITが専門の方と出会い、その方を伴奏者として、 仕切り直しの再スタートをされた。
当初の導入の失敗から、何故、導入に失敗していたのか振り返り、再び負のスパイラルに落 ち込まないように、4つ「できなくてもいい」を取り決めた。.蓮璽疋襪鬚気欧襦↓△任 ないを責めない、できなくてもやり続ける、す堝阿靴討い襪だけを見る。このような運 営の結果、少しづつ社員のなかにも自信が生まれ、業務改善を楽しむ雰囲気が出てきたとの こと。
このような導入の工夫、そして成功のポイントを、志村社長は、スモールスタート(小さな 一歩)+マインドセット(心の在り方)と説明され、「できなくてもいい」がチームを変え たと強調された。以下は次回に・・・

2021/11/13

←一覧に戻る

↑ページ上部へ