レポート

会員のページ

理事長ブログ:No.99「パワハラ防止法どう変わる(3)」

前回のブログで、「パワハラ防止に向けて企業が取るべき6つの措置」に関して紹介させて戴いた。この1項目ごとに更にこのご細則を決めていく必要が有るが、あのトヨタ、あのパナソニックでさえ、パワハラで社員が自殺まで追い込まれた。社内の隠蔽体質にどこまでメスを入れ、それに対する根本的な解決策を施されるかが問われている。
基本的対策は、
(1)経営陣が、コミットメントし、
(2)現場に仕組みを導入し、
(3)(そして)継続することだ。と。この文章を探した書籍には、「奇策は存在しない。愚直に対策に取り組む」とことだと続く。前段で紹介した「6つの措置」の 屮僖錺魯蕕紡个垢覺覿箸諒針を発信する」に関しても、管理監督者を含めた労働者に発信する義務があると解説される。
具体的な取り組み例としては、
(1)会社の方針や、違反した際の処分内容を就業規則に入れ込む。
(2)社内報やオリエンテーションなどで、広く発信する。
(3)研修の実施や啓発資料の配布、ポスターを掲示する。
先ずは、企業トップの発信力と決めたことの実践力が問われていることになる。次回は国の指針などを中心に関して紹介させて戴く。
パワハラ防止法が、中小企業にも適応される、4月1日は、もう直ぐ先だ。

2022/03/26

←一覧に戻る

↑ページ上部へ